起業する際にネックになりがちな資金調達方法の糸口が見つかる情報サイト

>

事業ローンを利用するときには必ずその返済も検討しておこう

借入額は必要最低限に止めるよう心掛けよう

事業ローンは素早く事業資金が借りられるので利便性に長けていますが、その利便性を金利で負担することになります。
銀行などが取り扱う企業向けの融資と比べてもかなり金利負担は重いと言えます。
その負担を背負いながら、多額の借り入れをしまうと、その場しのぎにはなったとしても、後々の返済負担が重くなって事業を軌道に乗せることが困難になる可能性があります。
金利負担が意外に重くなるので、その把握をしっかり行ったうえで、事業ローンを申し込むのが無難です。

数百万円程度までの利用であれば、金利が多少高くても利便性を優先するほうがよいかもしれません。
必要最低限の運転資金のつなぎに止めるなど、一度に多くの金額を借りない利用を心掛けましょう。

起業に合った事業ローンを見つけるために

銀行などで起業のための融資を申し込んでも、起業という不確実性が高い状態では審査が通りにくいのが現実です。
審査に時間がかかるうえに、相当の実現性が高いビジネスモデルでなければ、事業資金の融資を受けるのは難しいでしょう。

ノンバンクが手掛ける事業ローンであれば、リスクが高い傾向にある起業に係る審査を受け付ける場合が少なくありません。
起業する方の信用情報等に問題がなければ、審査をクリアできる可能性が高いと言えます。
もちろん返済ができなくなれば、融資を受けた本人の信用はなくなります。
返済ができないようでは、事業も継続できなくなるのは確実なので、必ず返済の見込みを見積もってから、事業ローンの申し込みをしましょう。
不安がある場合には、事前に電話などで問い合わせて相談することをお薦めします。


この記事をシェアする