起業する際にネックになりがちな資金調達方法の糸口が見つかる情報サイト

>

起業する際には事業ローンを活用せざるを得ないこともある

事業ローンの審査の方法を把握しておこう

個人を対象とした一般的なキャッシング(カードローン)では、起業するための資金を調達することが通常はできません。
そこで、起業などの事業者の場合には事業ローンを利用して、事業資金の融資を受けることになります。
事業ローンは、比較的短期間で融資を受けることができるため、借りやすいのが特徴です。
事業目的の融資は銀行が主流ですが、ノンバンクの金融機関も取り扱いを行っています。

金融機関の多くは、事業ローンの審査をスコアリングシステムで行っていると言われています。
スコアリングシステムでは、業界別の財務会計などの統計的データをもとに、融資希望者の信用度をスコア化することでその融資の可否が決められます。
起業の場合には、これまでの事業の実績がないので、できるだけ具体的な事業計画を作成することが融資を受けられるカギとなります。

保証人や担保が不要な事業ローンもある

事業ローンは、担保や保証人が必要な有担保ローンとこれらが不要な無担保ローンに分けることができます。
無担保ローンであれば、起業する際に手持ちの資産がなくても、審査が通れば融資を受けられます。
貸し手の金融機関にとって、無担保ローンは有担保ローンに比べて高いリスクを背負うことになります。
このため、無担保ローンは有担保ローンよりも高めに金利が設定されていたり、受けられる融資額が少なくなってしまうことが多いようです。

不動産などを保有しているのであれば、有担保ローンを利用するとよいでしょう。
起業する時には、想定以上に多額の事業資金が必要になることもあります。
有担保ローンは低金利に加えて、借入限度額が大きいうえに、返済期間も長期に設定できます。
ただし、不動産に抵当権を設定する際の登記費用など金利以外の負担がかかることや、審査が長引くことが多いので注意が必要です。


この記事をシェアする