起業する際にネックになりがちな資金調達方法の糸口が見つかる情報サイト

>

起業をスムーズに進めるために準備しておきたいこと

国内の起業ブームの歴史を振り返ってみよう

日本では、歴史的に見ると起業というよりは創業という方がなじみがあるのではないでしょうか。
現在大企業と呼ばれていたり、いわゆる老舗企業と呼ばれる会社も江戸時代以降に創業しているケースがほとんどです。
日本においては、終戦後以降、起業ブームが幾度か起きています。
このブームによる相乗効果が高度経済成長に貢献していることに疑いないでしょう。
1990年前後のバブル経済の崩壊以降から起業が減少傾向に陥りますが、インターネット関連投資が活発となった2000年前後のITバブル以降から情報処理関連の起業が多くなり現在に至っています。

海外と比べると、国内の起業は不足感が否めません。
起業が少ないと、イノベーション(技術革新)が停滞して社会の活性化を妨げるため、政府などでは起業関連のさまざまな施策で起業を奨励したり、起業家の育成を支援しています。
経営スキルや資金調達力の向上のために起業家教育も行われています。

起業で最も苦労するのは資金調達の問題

起業と言えば、ベンチャー企業が連想されるでしょう。
ベンチャー企業が新規性や開発志向などで成長性が見込まれる事業に取り組むことで、新たな市場分野の開拓や新技術の開発、画期的なビジネスモデルを生み出して、イノベーションや雇用の創出を図ります。
こうした期待がある一方で、うまくやりくりがいかずに軌道に乗せられないケースが多々あるのも事実です。

うまくいかない場合で多いのは、資金調達の問題です。
起業の段階で信頼できる税理士などの会計の専門家が見つかれば、資金調達をはじめとした経営サポートが受けられるでしょう。
ただし、専門家のみに委ねるのが必ず好ましいこととは限りません。
できるだけ多方面から資金調達ができる手立てを念入りに検討しておく必要があります。


この記事をシェアする